Changes between Version 6 and Version 7 of ZooWorkshop/FOSS4GJapan/ja/CreatingOGRBasedWebServices


Ignore:
Timestamp:
Oct 29, 2010, 9:11:51 AM (9 years ago)
Author:
hayashi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ZooWorkshop/FOSS4GJapan/ja/CreatingOGRBasedWebServices

    v6 v7  
    99
    1010== Introduction ==
    11 翻訳中・・・
     11
     12このパートではZOOのサービス提供機能を作成します。これにはOSGeoLiveのDVDに含まれているZOOのインストーラーで組み込まれるOGRのC言語API、Pythonモジュールを使います。目標とするゴールは、OGRとGEOSベースの簡単な空間関数をWPSサービスとして使うことです。
     13
     14最初にBoundary(境界)の関数からスタートしましょう。この関数の詳細については後ほど説明いたします。徐々にZOOサービスとしてコードを書き、テストを行います。
     15同じ手順でBuffer(バッファ領域の作成)、Centroid(重心)、!Convex Hull(凸構造体)の関数についても行います。一旦出来上がると、複数の幾何プロセス、たとえばIntersection(交差), Union(融合), Difference(差異)、そして Symetric Difference(対称性の差異)などがこのワークショップの終わりには組み込まれていることになります。
     16
     17既に述べたように、このワークショップではサービスを記述する言語はCもしくはPython(もしくは両方!)を選ぶことができます。解説はC言語に沿って行いますが、この解説はPythonを利用する方にも非常に役立つ内容になっています。どちらの言語を使用するか決めたらインストラクターに報告してください。どちらの言語を選択されても、ワークショップの結果は同じです。
    1218
    1319== Preparing ZOO metadata file ==

Search

Context Navigation

ZOO Sponsors

http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/geolabs-logo.pnghttp://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/neogeo-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/apptech-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/3liz-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/gateway-logo.png

Become a sponsor !

Knowledge partners

http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/ocu-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/gucas-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/polimi-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/fem-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/supsi-logo.png http://www.zoo-project.org/trac/chrome/site/img/cumtb-logo.png

Become a knowledge partner

Related links

http://zoo-project.org/img/ogclogo.png http://zoo-project.org/img/osgeologo.png